コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹線系線区 かんせんけいせんく

世界大百科事典 第2版の解説

かんせんけいせんく【幹線系線区】

国鉄(現,JR)がみずからの経営努力(近代化,合理化など)を行うことにより,自立経営が可能であり,鉄道特性を発揮しうる,としていた線区のこと。都市間・大都市圏旅客輸送,大量・定形貨物輸送を行っている線区などがこれに該当し,全国で70線区,約1万2000kmあった。幹線系線区は,日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(1980公布)の規定に基づき決められた。同法では(1)10万都市を相互に連絡する30kmを超える区間があり,その区間内の各駅間の旅客輸送密度(営業キロ1km当りの1日平均旅客輸送人員)が4000人以上である線区,(2)10万都市と(1)の線区とを連絡する30kmを超える区間があり,その区間内の各駅間の旅客輸送密度が4000人以上である線区,(3)貨物輸送密度が4000t以上の線区,の三つの区分に該当する線区を幹線鉄道網と呼び,この幹線鉄道網と旅客輸送密度8000人以上の線区を合わせたものを国鉄では幹線系線区と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android