地獄にも知る人(読み)ジゴクニモシルヒト

大辞林 第三版の解説

じごくにもしるひと【地獄にも知る人】

地獄のような所にも知人はできる。どんな見知らぬ土地でも知己はできるものだ。地獄に近づき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じごく【地獄】 にも=知(し)る人(ひと)[=近(ちか)づき・友(とも)だち]

どのような所でも、どのような苦難の境遇の中でも、知己はできるものだ。また、どんな遠い知らない土地へ行っても知人にめぐりあえるものだの意。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「地ごくにも知ると云事が有るか、汝より先へいたものに逢ふ事か、但し逢はぬ事か」
※浮世草子・好色一代男(1682)四「後は地獄(ヂゴク)にも近付(チカヅキ)と、枕をならべ、薄端(うすべり)に肌なれてかたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android