コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄下り じごくくだり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地獄下り
じごくくだり

黄泉国 (よみのくに) 下りともいう。シュメール起源と推定され,のちにバビロニア,アッシリアに伝えられた神話の一つ。豊穣の女神イシュタル (シュメールではイナンナ) が6つの門を通ってそのたびに王妃としての衣裳を1枚ずつ脱がされながら黄泉国に下り,7人の裁判官の前に立たされる。そして彼らの「死のまなざし」で死体と化されるところを英知の神エンキ (エア ) の働きにより蘇生し,再び生者の国に上っていった。この際悪鬼を伴い,また身代りに夫ドゥムジ (タンムズ) を黄泉国に残したという。タンムズの死とそれを哀悼するタンムズ祭儀に関係があり,大地の豊穣力に関する神話であろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地獄下りの関連キーワードラウル・ド・ウーダンドリス レッシングニコデモ福音書

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android