コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球自由振動 ちきゅうじゆうしんどう free oscillations of the earth

1件 の用語解説(地球自由振動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちきゅうじゆうしんどう【地球自由振動 free oscillations of the earth】

鐘をつけば鐘が固有の音で鳴るように,地球を振動させると,特定の振動数の振動,すなわち固有振動のみが発生する。これを地球自由振動と呼ぶ。巨大な地震が発生すると,数週間もの間,地球全体が振動しつづける。この振動は長周期地震計によって記録される。鐘の音の高低が鐘の弾性や密度によるのと同様に,地球自由振動の周期は地球の内部構造によって決まる。地球の自由振動は1960年チリ地震の際に初めて観測され,それ以後,地球内部構造の研究や地震の震源における運動の研究に用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地球自由振動の関連キーワード鳴子ぎしりけばけば鳴る鳴る神の磔柱豆太鼓耳を掩いて鐘を盗む八点鐘が鳴るとき八点鐘が鳴る時

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地球自由振動の関連情報