コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地磁気極 チジキキョク

大辞林 第三版の解説

ちじききょく【地磁気極】

地球内部に想定した棒磁石の軸の延長方向が地球表面と交わる点。この軸は、地球の回転軸から11度ほど傾いている。南北両半球について、それぞれ地磁気南極・地磁気北極という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地磁気極
ちじききょく
geomagnetic pole

地球中心に想定された磁気双子の軸を延長して地表に交わる位置(点)のこと。2012年時点の地磁気極の位置は、地磁気北極が北緯80.1度、西経72.4度、地磁気南極が南緯80.1度、東経107.6度である。地軸(地球回転軸)より傾いており、地理北極、地理南極とは異なる。[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地磁気極の言及

【地磁気】より

…自転軸が地表と交わる点が地理的極であるのに対して,伏角が90度になる点,つまり小磁石が垂直に立つ点を磁極といい,南北両半球についてそれぞれ南磁極,北磁極と呼んでいる。これに対して,想定した仮想的棒磁石の軸が地表と交わる点が地磁気極で,それぞれ地磁気北極,地磁気南極と呼んでいる。これら3種類の極はそれぞれ異なった位置にある。…

※「地磁気極」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地磁気極の関連キーワードオーロラオーバル古地磁気年代古地磁気

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地磁気極の関連情報