コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震の空白域 じしんのくうはくいき

1件 の用語解説(地震の空白域の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地震の空白域【じしんのくうはくいき】

過去に大地震が起きたが近年は大きな地震が発生していない地域,または継続的に起こっていた小さな地震の数が急に少なくなった地域。このような地域では地殻のひずみが蓄積されていて,近い将来に大地震が起こる可能性が高いと考えられている。
→関連項目東海地震

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

地震の空白域の関連キーワード地震空白域宮城県沖地震甘粛地震トルコ大地震ルーマニア地震アスペリティ プレート(岩板)活断層の調査気象庁の緊急地震速報東海、東南海、南海地震上町断層帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone