コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震予知計画 じしんよちけいかく

2件 の用語解説(地震予知計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震予知計画
じしんよちけいかく

大学や関係機関が協力して,地震の予知に向けた観測,研究を国家事業として行なうための 5ヵ年を基本とする年次計画。1964年7月に測地学審議会(→学術審議会)が関係大臣に建議した「地震予知計画」に基づき,1965年度から始まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

地震予知計画

国の事業として関連省庁や大学などが協力し、地震予知を目指した観測や研究を推進するための年次計画。測地学審議会の建議に基づく。第1次計画は1965年度に始まり、98年度に第7次計画が終了した。99年4月からは、基礎研究に重点を置いた地震予知のための新たな観測研究計画が始まった。2004年度から、第2次5カ年計画が始まっている。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震予知計画の関連情報