コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上忠介 さかのうえ ちゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上忠介 さかのうえ-ちゅうすけ

1818-1890 幕末-明治時代の儒者。
文政元年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩口羽氏の家臣。藩校明倫館で中村牛荘に師事。のち江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい),羽倉簡堂にまなぶ。安政4年明倫館教授,慶応2年須佐の郷校育英館教授。明治9年萩の乱に連座して入獄。明治23年10月14日死去。73歳。名は恒。号は寓所,沖所など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂上忠介の関連キーワードサウド家社会民主党(ドイツ)ドイツ映画寄席ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android