コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽倉簡堂 はぐらかんどう

百科事典マイペディアの解説

羽倉簡堂【はぐらかんどう】

羽倉外記

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽倉簡堂 はぐら-かんどう

1790-1862 江戸時代後期の儒者,武士。
寛政2年11月1日生まれ。幕臣。古賀精里にまなぶ。父の死後代官職をつぐ。天保(てんぽう)13年(1842)老中水野忠邦(ただくに)に起用され納戸頭,勘定吟味役となる。嘉永(かえい)2年(1849)「海防私策」をあらわした。文久2年7月3日死去。73歳。大坂出身。名は用九(もろちか)。字(あざな)は士乾。通称は外記別号に天則など。著作に「駿府志略」「南汎録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

羽倉簡堂

没年:文久2.7.3(1862.7.29)
生年:寛政2.11.1(1790.12.6)
江戸後期の儒学者,代官。名は用九,字は士乾,通称外記,簡堂は号。権九郎秘救の子として大坂に生まれる。寛政5(1793)年父に従い豊後日田に移り育つ。早くから古賀精里に学ぶ。文化5(1808)年父の没後代官を継ぎ,各地を歴任。天保初年より渡辺崋山らの尚歯会に参加する。天保9(1838)年老中水野忠邦の命で伊豆七島を巡視,『南汎録』を著し,巡視の成果を上げる。翌年蛮社の獄には江川英竜らと共に目付鳥居耀蔵の告発を受けたが乗り切る。13年水野の抜擢で納戸頭,さらに勘定吟味役に昇格,天保改革の一翼を担うが,水野の失脚に伴い職を追われ,弟内記に家督を譲り隠居した。嘉永のころ『海防私策』を著し国防も論じている。三田(目黒区)正泉寺に葬る。<参考文献>村上直『江戸幕府の代官』

(沼田哲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

羽倉簡堂 (はぐらかんどう)

生年月日:1790年11月1日
江戸時代末期の儒学者;代官
1862年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

羽倉簡堂の関連キーワード羽倉簡堂(はぐらかんどう)頼三樹三郎花野井有年中村 雪樹小川其瀾東条一堂国定忠治生年月日松本奎堂中村雪樹坂上忠介松本寒緑土屋蕭海谷口藍田永村茜山蒲生済助柴秋邨林鶴梁咸宜園

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android