コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上重次郎(初代) さかがみ じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上重次郎(初代) さかがみ-じゅうじろう

1774-1816 江戸時代後期の陶業家。
安永3年生まれ。享和元年紀伊(きい)和歌山城下の鈴丸丁に開窯し,瑞芝(ずいし)焼(鈴丸焼,滅法谷焼)を創業。青木木米(もくべい)をまねき,精巧な青磁を製作した。鈴丸十次郎の銘もみられる。文化13年7月17日死去。43歳。通称は十次郎。号は瑞芝。屋号は岡崎屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂上重次郎(初代)の関連キーワード元素発見史(年表)ゲーテルイルイマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)落語バイロンキュチュク・カイナルジャ条約

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android