コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上重次郎(初代) さかがみ じゅうじろう

1件 の用語解説(坂上重次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上重次郎(初代) さかがみ-じゅうじろう

1774-1816 江戸時代後期の陶業家。
安永3年生まれ。享和元年紀伊(きい)和歌山城下の鈴丸丁に開窯し,瑞芝(ずいし)焼(鈴丸焼,滅法谷焼)を創業。青木木米(もくべい)をまねき,精巧な青磁を製作した。鈴丸十次郎の銘もみられる。文化13年7月17日死去。43歳。通称は十次郎。号は瑞芝。屋号は岡崎屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

坂上重次郎(初代)の関連キーワード石岡林兵衛加藤村三郎(3代)加藤杢左衛門(初代)黄谷欅田勇左衛門近藤秀胤島屋平助堤治兵衛向井舟皐森本助左衛門