マサチューセッツ(英語表記)Massachusetts

翻訳|Massachusetts

大辞林 第三版の解説

マサチューセッツ【Massachusetts】

アメリカ合衆国北東部、大西洋岸にある州。ピューリタンが開拓。独立一三州の一。州都ボストン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マサチューセッツ

オーストラリア出身のコーラス・グループ、ビージーズの曲。1967年発表。オーストラリアとイギリスで1位を獲得、世界中で500万枚を超える空前のヒットとなった。原題《Massachusetts》。

マサチューセッツ

《Massachusetts》アメリカ海軍戦艦インディアナ級の前弩級戦艦。船体識別番号はBB-2。1893年進水、1896年就役。1919年退役、海防戦艦となる。1921年、標的艦として沈没

マサチューセッツ

《Massachusetts》アメリカ海軍の戦艦。サウスダコタ級超弩級の高速戦艦。船体識別番号はBB-59。1941進水、1942年就役。愛称は「ビッグ・マミー」。1947年退役。1965年からは、マサチューセッツ州フォールリバーの“戦艦の入江”で博物館船として保存・公開されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マサチューセッツ
まさちゅーせっつ
Massachusetts

アメリカ合衆国北東部、大西洋岸の州。独立13州の一つである。面積2万7335平方キロメートル(ランドエリア2万0306平方キロメートル)、人口634万9097(2000)。州都ボストン。北をバーモント州とニュー・ハンプシャー州に、西をニューヨーク州に、南をロード・アイランド州とコネティカット州に接し、南東は大西洋に面する。主要河川にコネティカット川、メリマック川、チャールズ川があり、州内には約1200の湖や池が点在する。最高峰はグレイロック山(1064メートル)。地形的には、西から南北方向に、バークシャー丘陵を軸とした山岳地域、沖積土のコネティカット谷、森林の多い中央台地、そして氷河作用を強く受けて複雑に湾入した東部の海岸平野に大別できる。とくに東部は、ボストン、グロースターなど数多くの良港を有し、工業化が進み、人口が集中する。自然景観と温暖な気候のコッド岬、マーサズ・ビンヤードMartha's Vineyard島、ナンタケット島などはニュー・イングランド地方随一の観光・行楽地として有名である。温暖湿潤気候を示し、平均気温は7月で23.3℃、1月で零下1.4℃で、冬が長い。東部海岸域に比べて西部山岳地は冬寒く積雪が多い。
 合衆国の誕生から歴史的につねにリーダーの役割を果たしてきた同州は、人口密度がニュー・ジャージー、ロード・アイランドについで第3位であり、政治、経済、商工業、文化、教育の中心地として現在も重要な役割を果たす。また、合衆国有数の工業州で、州経済の25%を占め、就業者人口の26%が工業従事者であり、ボストン周辺、コネティカット谷、バークシャー谷に大規模な工業集積がある。近年はエレクトロニクス関連工業の進出が際だっているが、機械、衣料、皮革、金属、食品加工、ゴム、貴金属、印刷・出版など多様化が図られている。農業は、コネティカット谷を中心にタバコ、ジャガイモ、タマネギなど、主として市場向け野菜が栽培され、南東部とコッド岬付近はクランベリー栽培で有名である。中央部地域は牧畜・酪農農家が多い。漁業は以前ほどではないが、ニュー・ベッドフォード、グロースターを軸に州経済に重要な位置を占める。また、州都ボストンは独立前から合衆国の教育・文化の都として君臨しており、市内や近郊にはハーバード大学(1636創立)、マサチューセッツ工科大学(1861創立)など数多くの有名大学や教育研究施設、美術館、博物館、音楽ホールなど文化施設をそろえる。文化的活動もつねに活発で、多くの著名な文化人を輩出してきている。ニュー・イングランド地方独特の美しい自然景観と史跡に恵まれ、観光・行楽地には事欠かず、観光業も州の大きな財源である。主要都市は、ボストン、ウースター、スプリングフィールド、ニュー・ベッドフォード、ケンブリッジ、ブロックトン、フォール・リバーなどである。[作野和世]

歴史

名称は先住民のマサチューセッツ人に由来する。ピューリタンの植民地として出発し、アメリカ独立革命では指導的役割を果たし、1788年合衆国憲法の批准と同時に連邦の一州となった。この間の歴史を三つの段階に分けてみていくことにする。[富田虎男]
マサチューセッツ湾植民地時代(1629~1684)
1629年にイギリス国王特許状を得たマサチューセッツ湾会社の株主のピューリタンたちは、翌1630年に約1000名の植民者とともに特許状を携えて入植を開始した。彼らは先住民の抵抗を排除してその土地を奪い、そこにタウンとよばれる自治的な村落共同体を基礎単位とする政治社会を築き、会衆派教会を中心とする神政政治体制を確立した。この体制に反対し政治と宗教の分離を唱える人々は、湾植民地から排除されて別個にロード・アイランド植民地とコネティカット植民地を建設した。湾植民地は自立化の方向に進んで、航海条令を骨子とする本国政府の重商主義政策と対立し、1684年には国王により特許状を取り消された。また1675~1676年にはメタカムを指導者とする先住民諸部族連合の強力な反撃を受けた。[富田虎男]
王領植民地時代(1684~1774)
1684年に王領植民地となり、1691年の新特許状のもとでメーンとプリマスを加えたマサチューセッツ植民地は、イギリス重商主義体制に組み込まれて、軍事上、貿易上重要な役割を果たしながら発展を遂げた。しかし1760年代以降、本国政府の統制政策の強化に反発して独立革命運動の先頭にたち、1774年には前年のボストン茶会事件に対する懲罰的措置に対抗して革命政府=植民地協議会を樹立した。[富田虎男]
邦時代(1774~1788)
1775年4月にはレキシントンとコンコードで、6月にはバンカーヒルで農民義勇兵がイギリス軍と戦って独立戦争の口火を切った。1780年には邦憲法を制定したが、邦政府の政策に対する西部農民の不満は1786~1787年にシェイズの反乱となって爆発し、合衆国憲法制定の動きを促進することとなった。[富田虎男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マサチューセッツの関連情報