コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口三千代 さかぐち みちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口三千代 さかぐち-みちよ

1923-1994 昭和後期-平成時代の随筆家。
大正12年2月7日生まれ。昭和22年坂口安吾(あんご)と結婚。安吾の「青鬼(ふんどし)を洗う女」のモデルといわれる。夫の死後,東京銀座に開店したバー「クラクラ」はおおくの文学者が常連客となった。平成6年11月2日死去。71歳。千葉県出身。銚子高女卒。著作に「クラクラ日記」「安吾追想」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂口三千代の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドーヌーベル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android