田辺茂一(読み)たなべ もいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺茂一 たなべ-もいち

1905-1981 昭和時代の書店主,随筆家。
明治38年2月12日生まれ。昭和2年東京新宿に紀伊国屋(きのくにや)書店をひらく。舟橋聖一らと「文芸都市」「行動」などを,尾崎士郎らと「文学者」を創刊し,資金をだして刊行をささえる。戦後は海外に支店をだすなど大型書店へと発展させる一方,小説「世話した女」,随筆集「夜の市長」などに才筆をふるった。昭和56年12月11日死去。76歳。東京出身。慶応義塾高等部卒。本名は茂一(しげいち)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺茂一
たなべもいち
(1905―1981)

小説家、紀伊國(きのくに)屋書店創業者。本名茂一(しげいち)。東京生まれ。慶応義塾高等部卒業。1927年(昭和2)紀伊國屋書店を創立、その経営にあたりながら舟橋聖一、阿部知二(ともじ)らと文芸雑誌『行動』の発行や、『能動精神パンフレット』(1935)の編集をする。かたわら作家論、小説を発表。ことに艶笑(えんしょう)随筆に優れ、粋人として知られた。評論集に『轗軻(かんか)』(1941)、短編集に『世話した女』(1953)、『芯(しん)のない日々』(1970)など、自伝長編『すたこらさっさ』正続(1973)、随筆集に『わが町・新宿』(1976)ほか多数ある。1979年フランス政府から文芸勲章騎士章(シュバリエ・デ・ザール・エ・レットル)を贈られた。[遠矢龍之介]
『『わが町・新宿』(旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田辺茂一の言及

【紀伊国屋書店[株]】より

…出版物小売商の最大手。1927年田辺茂一(1905‐81)が,東京・新宿で個人企業として創業。46年株式会社に改組。…

※「田辺茂一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android