コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺茂一 たなべ もいち

2件 の用語解説(田辺茂一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺茂一 たなべ-もいち

1905-1981 昭和時代の書店主,随筆家。
明治38年2月12日生まれ。昭和2年東京新宿に紀伊国屋(きのくにや)書店をひらく。舟橋聖一らと「文芸都市」「行動」などを,尾崎士郎らと「文学者」を創刊し,資金をだして刊行をささえる。戦後は海外に支店をだすなど大型書店へと発展させる一方,小説「世話した女」,随筆集「夜の市長」などに才筆をふるった。昭和56年12月11日死去。76歳。東京出身。慶応義塾高等部卒。本名は茂一(しげいち)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺茂一
たなべもいち
(1905―1981)

小説家、紀伊國(きのくに)屋書店創業者。本名茂一(しげいち)。東京生まれ。慶応義塾高等部卒業。1927年(昭和2)紀伊國屋書店を創立、その経営にあたりながら舟橋聖一、阿部知二(ともじ)らと文芸雑誌『行動』の発行や、『能動精神パンフレット』(1935)の編集をする。かたわら作家論、小説を発表。ことに艶笑(えんしょう)随筆に優れ、粋人として知られた。評論集に『轗軻(かんか)』(1941)、短編集に『世話した女』(1953)、『芯(しん)のない日々』(1970)など、自伝長編『すたこらさっさ』正続(1973)、随筆集に『わが町・新宿』(1976)ほか多数ある。1979年フランス政府から文芸勲章騎士章(シュバリエ・デ・ザール・エ・レットル)を贈られた。[遠矢龍之介]
『『わが町・新宿』(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田辺茂一の言及

【紀伊国屋書店[株]】より

…出版物小売商の最大手。1927年田辺茂一(1905‐81)が,東京・新宿で個人企業として創業。46年株式会社に改組。…

※「田辺茂一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田辺茂一の関連キーワード内山完造新華書店瑞・随・隨・髄・髓太田玉巌小山久二郎小林勇塚越郁四郎天牛新一郎普栗釣方目黒甚七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田辺茂一の関連情報