コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東眞理子 ばんどう まりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東眞理子 ばんどう-まりこ

1946- 昭和後期-平成時代の官僚,評論家。
昭和21年8月17日生まれ。昭和44年総理府(現内閣府)官房広報室に入府。内閣広報室参事官,埼玉県副知事,内閣男女共同参画局長などを歴任。退官後,昭和女子大理事となり,同大女性文化研究所長などをへて,19年学長に就任。平成18年刊「女性の品格―装いから生き方まで」は売上300万部を超える。富山県出身。東大卒。筆名に菅原真理子(すがわら-まりこ)。著作はほかに「しなやかな女への生き方」「男女共同参画社会へ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂東眞理子の関連キーワードベストセラー2007ベストセラー評論家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂東眞理子の関連情報