コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田諸遠 さかた もろとお

1件 の用語解説(坂田諸遠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田諸遠 さかた-もろとお

1810-1897 江戸後期-明治時代の国学者,官吏。
文化7年10月12日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩士。久留米(くるめ)藩士松岡明義に国学をまなぶ。有職(ゆうそく)故実にくわしく,門弟に福岡藩士平野国臣(くにおみ)がいる。維新後は外務大録となり,「続通信全覧」などを編修した。明治30年6月26日死去。88歳。本姓は高島。名ははじめ諸近。著作に「将軍家装束考」「尾紀水三家老臣武鑑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

坂田諸遠の関連キーワード伊東潮花坂本奇山島本青宜昇斎一景酔雪関直吉滝廼屋清麿北斗庵一樹(2代)松平直春溝口桂巌

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone