坐込(読み)すわりこみ

精選版 日本国語大辞典の解説

すわり‐こみ【坐込】

〘名〙 その場にすわりこんで、動かないこと。特に、争議の一戦術として、抗議のため、また、目的を達するために特定の効果的な場所にすわりこむこと。シットイン
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉川口の労働運動「六年は増啓争議団員の元旦店頭坐り込み戦術に明けた」

すわり‐こ・む【坐込】

〘自マ五(四)〙 中にはいりこんで、すわる。はいりこんでをすえる。また、ある場所にすわって、動かなくなる。じっくりと腰をすえる。
滑稽本・七偏人(1857‐63)五「源兵衛が居(スワ)りこんだる鼻の先へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android