コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂汁 たれ

世界大百科事典 第2版の解説

たれ【垂汁】

蒲焼,照焼き,焼鳥など,魚貝や鳥獣肉の焼物に用いる合せじょうゆ。ふつう同量のしょうゆとみりんを合わせ,煮つめてつくるが,鰹節(かつおぶし)などのだしを加えたり,砂糖や油で味をととのえることもある。なお,アナゴやハマグリなどの煮物種を使う握りずしには〈煮つめ〉と呼ぶ垂汁が塗られるが,これにはしょうゆとみりんにアナゴを煮た煮汁などを加えて煮つめたものが多い。【小川 正子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

垂汁の関連キーワードたれ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android