コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

握り鮨 にぎりずし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

握り鮨
にぎりずし

鮨の一種江戸時代末期両国花屋与兵衛酢飯を使って考案したもの。最初は鮮魚介類を用いず,卵焼でんぶ (おぼろ) が主であった。今日の江戸前鮨のようになったのは明治以降と思われる。大正時代くらいまでは屋台で供することが多かった。生,あるいは調理した魚介を用い,辛みとしてはほとんどにわさびを添えるのが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にぎり‐ずし【握り×鮨】

魚や貝などの種(たね)を、小さく握り固めた鮨飯にのせた。江戸前鮨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

にぎりずし【握り鮨】

すし飯を一口大に握り、魚介類や厚焼き卵などのすしだねをのせたすし。◇「にぎり」と略す。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にぎりずし【握り鮨】

一口ほどに握った酢飯に新鮮な魚介などの種たねをのせた鮨。ワサビをきかせ、醬油をつけて食べる。江戸前鮨。にぎり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

握り鮨の関連キーワード蕎麦鮨・蕎麦寿司ぶりのヘラ寿司鮨・鮓・寿司毛抜き鮨笹巻き鮨さび抜き大阪鮨ワサビすし飯握る弥助散鮨

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android