コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

握り鮨(読み)にぎりずし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

握り鮨
にぎりずし

鮨の一種江戸時代末期両国花屋与兵衛酢飯を使って考案したもの。最初は鮮魚介類を用いず,卵焼でんぶ (おぼろ) が主であった。今日の江戸前鮨のようになったのは明治以降と思われる。大正時代くらいまでは屋台で供することが多かった。生,あるいは調理した魚介を用い,辛みとしてはほとんどにわさびを添えるのが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にぎりずし【握り鮨】

一口ほどに握った酢飯に新鮮な魚介などの種たねをのせた鮨。ワサビをきかせ、醬油をつけて食べる。江戸前鮨。にぎり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android