垂直貿易(読み)すいちょくぼうえき(英語表記)vertical trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂直貿易
すいちょくぼうえき
vertical trade

発展途上国の1次産品と,先進国の工業製品の貿易形態をいう。一方,同じ産業に属する製品を相互に貿易し合うことを水平貿易 horizontal tradeと呼ぶ。かつての日本は専ら工業原料・食料を輸入して工業製品を輸出するという加工貿易の形態をとっていたが,これは典型的な垂直貿易であった。これに対して,1985年の円高以後は製品輸入の急増などにより,貿易構造は水平貿易型のものに変わりつつある。企業活動のグローバル化が進み,製品の差別化が進むにつれて,水平貿易への動きは今後も続くものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android