コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加工貿易 かこうぼうえき

6件 の用語解説(加工貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加工貿易
かこうぼうえき

加工品輸出貿易と加工品輸入貿易とがある。前者は原料品または原料用製品を外国から輸入し,これを自国内で加工して別種の製品として外国へ輸出するもの。後者は原料のまま,または原料用製品をつくって輸出し,外国で加工した製品を逆に輸入するもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこう‐ぼうえき【加工貿易】

原料・半製品を輸入し、これを自国内で加工後、製品として輸出する貿易。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加工貿易【かこうぼうえき】

委託加工契約によって輸入した品物を加工して再輸出すること。資源の少ない日本では,鉄鉱石,石油,綿花等を輸入し,加工して工業製品,綿製品として輸出,後には精密・高度な技術を必要とする電気製品,自動車等が主要な輸出品となった。
→関連項目保税工場保税地域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かこうぼうえき【加工貿易 processing trade】

輸入原材料を用いて自国内で加工・製造し,できあがった製品を輸出する貿易。天然資源に恵まれない日本では,これまでも,綿花,鉄鉱石,石油といった工業用原材料やエネルギー資源を輸入し,綿製品や鉄鋼といった工業製品を輸出する加工貿易を行ってきた。さらに1960年代以降は,自動車や電気製品のように加工工程のより複雑な,高度の技術が必要な工業製品を輸出するようになった。しかし一方では,国内加工における賃金が高くなったため,加工工程を海外に委託する加工生産方式をとるケースもふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かこうぼうえき【加工貿易】

原材料を外国から輸入し、国内で加工した物を輸出する貿易。 → 委託加工貿易中継なかつぎ貿易

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加工貿易
かこうぼうえき
improvement trade

外国から原材料または半製品を輸入し、これを自国で加工して製品をつくり、それを輸出する貿易形態。加工貿易を行っている国は原材料の海外依存度の高い国であり、典型として日本、イギリスドイツなどの先進工業国がある。とくにわが国の場合は、天然資源に恵まれていないため、原材料を海外に求め、加工してつくられた製品の一部を輸出し、その外貨収入でふたたび原材料や食料、その他の製品を輸入する加工貿易国として発展、現在も貿易の中心は加工貿易である。しかし、現在は工場の海外移転の増加やアジア諸国の工業化の進展等を背景に、1985年(昭和60)には31%であった製品輸入比率が2001年(平成13)には61%へと上昇、日本の貿易構造は変化をみせている。
 個々の貿易取引、つまり業者レベルにおける加工貿易の代表的なものとしては、委託加工貿易と中継加工貿易がある。前者は、外国の業者から原材料の供給を受け、これを加工し、外国業者の指定する国に輸出する取引形態である(これには自国の業者が原材料を外国の業者に供給し加工を委託する逆の形態もある)。後者は、業者が自己の危険と計算において外国から原材料を輸入し、これを加工して得た製品を輸出する取引形態である。このような業者レベルの加工貿易を振興するため各国とも関税上の優遇措置をとっている。わが国では、輸出品の製造に用いられる輸入原材料の関税を免除するという保税工場制度、すでに納めた関税を払い戻すという戻税制度などがある。[田中喜助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加工貿易の関連キーワード切削加工フリッター原材料タリフエスカレーション保税加工貿易素原材料貿易立国加工油脂塩の原材料柏蒸し

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加工貿易の関連情報