コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂示 スイシ

大辞林 第三版の解説

すいじ【垂示】

( 名 ) スル
〔「すいし」とも〕
教えしめすこと。 「汽車に乗り後るる等の憂なきや否やを-し玉へ/八十日間世界一周 忠之助
〘仏〙 禅宗で、師が弟子たちに教えを説くこと。また、その教え。示衆じしゆ。垂語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

垂示の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧槐安国語従容録太一教碧巌録

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android