コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型式学的研究法 けいしきがくてきけんきゅうほうtypological approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

型式学的研究法
けいしきがくてきけんきゅうほう
typological approach

考古学における研究方法の一つ。人間の活動はその多くがおのずから社会的,文化的伝統の枠にはめられている。その活動の所産である遺跡,遺物もまたその伝統を反映している。そのような伝統は時代的にも地域的にも相異なるものであるから,おのおのの遺跡,遺物もまた地域的,時代的な変異のひとこまを示すような,特定の固有な形態,文様,形質をもっている。こうした特徴は「属性」といわれるが,考古学ではこの属性によってまとめたものを一つの「型式」として分類する。このような型式間の比較研究により,型式相互間の関連の有無,時代的変遷を明らかにし,その背後の文化的伝統を明らかにする研究方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

型式学的研究法の関連キーワードG.O.A. モンテリウスモンテリウス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android