コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型式学的研究法 けいしきがくてきけんきゅうほう typological approach

1件 の用語解説(型式学的研究法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

型式学的研究法
けいしきがくてきけんきゅうほう
typological approach

考古学における研究方法の一つ。人間の活動はその多くがおのずから社会的,文化的伝統の枠にはめられている。その活動の所産である遺跡,遺物もまたその伝統を反映している。そのような伝統は時代的にも地域的にも相異なるものであるから,おのおのの遺跡,遺物もまた地域的,時代的な変異のひとこまを示すような,特定の固有な形態,文様,形質をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

型式学的研究法の関連キーワード意味論数理物理学分野先史考古学実験効果技術移転機関(TLO)寄付研究部門ウィーラー《自然界における人間の位置》《史的言語学における比較の方法》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone