型式学的研究法(読み)けいしきがくてきけんきゅうほう(英語表記)typological approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「型式学的研究法」の解説

型式学的研究法
けいしきがくてきけんきゅうほう
typological approach

考古学における研究方法の一つ。人間の活動はその多くがおのずから社会的,文化的伝統の枠にはめられている。その活動の所産である遺跡遺物もまたその伝統を反映している。そのような伝統は時代的にも地域的にも相異なるものであるから,おのおのの遺跡,遺物もまた地域的,時代的な変異のひとこまを示すような,特定の固有な形態文様,形質をもっている。こうした特徴は「属性」といわれるが,考古学ではこの属性によってまとめたものを一つの「型式」として分類する。このような型式間の比較研究により,型式相互間の関連の有無,時代的変遷を明らかにし,その背後の文化的伝統を明らかにする研究方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android