コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋め込み式ひずみ計 うめこみしきひずみけい down‐hole strainmeter

1件 の用語解説(埋め込み式ひずみ計の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

埋め込み式ひずみ計

地殻変動で生じる岩盤のひずみの時間的変化を記録するひずみ計の一種。気象庁東海地震の予知の目的で、東海・南関東31カ所に設置。シリコン油を満たしたステンレス製円筒を深さ100〜300mのボーリング孔の底に入れ、特殊セメントで岩盤に密着させる。岩盤のひずみの変化で容器の体積が変わると、容器上部の細管内の油面が上下し、その動きを電気信号に変えて記録する。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埋め込み式ひずみ計の関連キーワード永久ひずみ加速度地殻変動ハイゼンベルクの運動方程式傾斜計地震前兆現象H地震津波永久歪みサティ:世紀毎の時間と瞬間的な時間/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone