コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋め込み式ひずみ計 うめこみしきひずみけいdown‐hole strainmeter

知恵蔵の解説

埋め込み式ひずみ計

地殻変動で生じる岩盤のひずみの時間的変化を記録するひずみ計の一種。気象庁が東海地震の予知の目的で、東海・南関東31カ所に設置。シリコン油を満たしたステンレス製円筒を深さ100〜300mのボーリング孔の底に入れ、特殊セメントで岩盤に密着させる。岩盤のひずみの変化で容器の体積が変わると、容器上部の細管内の油面が上下し、その動きを電気信号に変えて記録する。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

埋め込み式ひずみ計の関連キーワード体積ひずみ計地殻変動

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android