コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城壁破壊機 じょうへきはかいきbattering ram

翻訳|battering ram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城壁破壊機
じょうへきはかいき
battering ram

攻城兵器とも呼ばれる。古代~中世に使用された西洋の攻城兵器の一つ。普通太く重い大きな1本の丸太で,上部から縄によって吊られて前後に動き,兵士が勢いをつけて丸太を城壁にぶつけるか,ときには数百人の兵士が丸太の両側から伸びた綱で勢いをつけて丸太を前方に突進させ,城壁に当てることにより,城壁に穴をあけた。丸太の先端には金属製の衝角がついており,羊角の形に鋳られたものが多かった。しばしば車輪がついた亀状の大型甲状掩蓋車の中に組込まれていた。強力な砲が登場するまで,城壁に突破口をつくる役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android