コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準系 きじゅんけいframe of reference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基準系
きじゅんけい
frame of reference

物理現象はこれを観測する立場により異なって見え,異なった法則に従うことがある。観測や記述の基準とする立場を基準系という。基準系では現象の位置や時間を表わすために座標系を設定するので,基準系を基準座標系または単に座標系と呼ぶこともある。物体が慣性をもつとみなせる基準系を慣性基準系または慣性系といい,そうでない系を非慣性系という。ニュートン運動方程式は慣性系で成り立つ運動法則であって,これに対し加速度をもつ基準系での運動方程式には見かけの力が加わる。あらゆる基準系 (または慣性系) において物理法則は同じ形式でなければならないという要請を一般 (または特殊) 相対性原理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

基準系の関連キーワードニュートンの水桶実験ダランベールの原理コリオリの定理並進加速度系ガリレイ変換リービット標準楕円体地球楕円体相対運動標準重力

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android