コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀井梁歩 ほりい りょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井梁歩 ほりい-りょうほ

1887-1938 大正-昭和時代前期の農民運動家,翻訳家。
明治20年10月15日生まれ。アメリカ留学後,郷里の秋田で農場を経営。農民文芸誌「筆と鍬」を発行し,のち農民新生運動を主唱する。ペルシャ古詩ルバイヤート」を英語から訳出した。昭和13年9月13日死去。52歳。第一高等学校中退。本名は金太郎。著作に「土の精」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀井梁歩の関連キーワードマキノ雅広久松静児[各個指定]芸能部門歴史小説バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android