堀井梁歩(読み)ほりい りょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井梁歩 ほりい-りょうほ

1887-1938 大正-昭和時代前期の農民運動家,翻訳家。
明治20年10月15日生まれ。アメリカ留学後,郷里の秋田で農場を経営。農民文芸誌「筆と」を発行し,のち農民新生運動を主唱する。ペルシャの古詩「ルバイヤート」を英語から訳出した。昭和13年9月13日死去。52歳。第一高等学校中退。本名金太郎。著作に「土の精」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android