コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀井梁歩 ほりい りょうほ

1件 の用語解説(堀井梁歩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井梁歩 ほりい-りょうほ

1887-1938 大正-昭和時代前期の農民運動家,翻訳家。
明治20年10月15日生まれ。アメリカ留学後,郷里の秋田で農場を経営。農民文芸誌「筆と鍬」を発行し,のち農民新生運動を主唱する。ペルシャの古詩「ルバイヤート」を英語から訳出した。昭和13年9月13日死去。52歳。第一高等学校中退。本名は金太郎。著作に「土の精」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀井梁歩の関連キーワード歴史小説珪藻土直木賞東京芸術大学120周年雑誌東京大学陸軍諸学校近衛声明芥川賞亡命文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone