コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀利煕 ほり としひろ

2件 の用語解説(堀利煕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀利煕 ほり-としひろ

1818-1860 江戸時代後期の武士。
文政元年6月19日生まれ。堀利堅(としかた)の4男。幕臣。海防掛,箱館(はこだて)奉行をへて,安政5年外国奉行,6年神奈川奉行を兼務し,修好通商条約締結や横浜開港につくす。プロイセンとの条約締結直前の万延元年11月6日自殺した。43歳。初名は利忠。通称は織部。号は有梅,梅花山人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀利煕

没年:万延1.11.6(1860.12.17)
生年:文政1.6.19(1818.7.21)
幕末の幕臣。幕臣利堅の子。母は林述斎の娘。織部,織部正と称す。老中阿部正弘に登用され,嘉永6(1853)年目付,ペリー来航の直前に海防掛。このとき,国交拒絶を主張,大船製造掛に就いたが,翌安政1(1854)年北蝦夷地視察に赴き,蝦夷地防備の必要と,外国との国力差を痛感。同年箱館奉行に就任し,同3年幕府の諮問に対し通商互市の緊急性を答申。同5年,英仏露使節の応接準備,応接掛を命ぜられ,各通商条約締結の際は全権のひとりとして調印。また5年外国奉行,6年には神奈川奉行も兼務し,横浜開港に尽力。この間,一橋派として14代将軍継嗣問題にもかかわる。万延1(1860)年プロシア使節オイレンブルク一行を全権として応接,交渉を主導したが,プロシアとの条約締結直前に謎の自刃を遂げた。忠憤時事を嘆じた結果ともいわれる。<参考文献>「幕府名士小伝」(『旧幕府』1巻2号),『維新史』2巻

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀利煕の関連キーワード楠里亭其楽堀利煕万延梅暮里谷峨増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席桜狩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone