コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀河親俊 ほりかわ・ちかとし

1件 の用語解説(堀河親俊の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

堀河親俊

没年:正嘉2.2.7(1258.3.13)
生年:承元1(1207)
鎌倉中期の公卿。父は権中納言顕俊,母は権中納言藤原実守の娘。初名成俊。承久の乱(1221)後に朝廷に重きをなした近衛家に仕えて累進し,文暦1(1234)年参議,延応1(1239)年中納言。2年後に辞任。政治の実権が近衛家から九条家,後嵯峨上皇に移るにつれ,活動の場を失っていった。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀河親俊の関連キーワード広橋綱光庭田重保園基理豊岡尚資藤谷為敦勧修寺経顕園基隆平範輔庭田経資藤原頼資

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone