堀淳一(読み)ほり じゅんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀淳一 ほり-じゅんいち

1926- 昭和後期-平成時代の物理学者,エッセイスト。
大正15年10月6日生まれ。母校北大で理論物理をおしえ,昭和41年教授。小学生のころから地図に興味をもち,47年「地図のたのしみ」で日本エッセイスト・クラブ賞。55年退職し,地図や旅をテーマに執筆活動をつづける。平成2年国土地理院長表彰をうけた。京都出身。著作に「ヨーロッパ軽鉄道の旅」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android