コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田正吉 ほった まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田正吉 ほった-まさよし

1571-1629 織豊-江戸時代前期の武将。
元亀(げんき)2年生まれ。織田信雄,浅野長政,小早川秀秋につかえ,のち義母にあたる春日局の縁により徳川幕府につかえる。子堀田正盛の異例の出世をよろこんだが,身分のひくい父がいては足手まといになるとして,寛永6年2月17日自殺したといわれる。59歳。初名は正利。通称は勘左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の堀田正吉の言及

【堀田氏】より

…江戸時代の譜代大名(図)。もと尾張の出身で,1602年(慶長7)正吉のとき,それまで仕えていた小早川氏が断絶して牢人となったが,05年徳川家康から番士に取り立てられた。正吉の長子正盛は3代将軍家光に小姓として仕え,のち若年寄・老中を歴任し,42年(寛永19)下総佐倉藩万石の領主となった。しかし51年(慶安4)正盛は家光に殉死し,跡を継いだ正信は60年(万治3)領地返上の上書を提出して無断で佐倉に帰城したため,所領を没収された。…

※「堀田正吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀田正吉の関連キーワード元亀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android