コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小早川秀秋 こばやかわ ひであき

9件 の用語解説(小早川秀秋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小早川秀秋

安土・桃山時代の武将。幼名は辰之助、通称は金吾中納言豊臣秀吉の正室・高台院の兄木下家定の子。秀吉の養子となり、羽柴秀俊と名のる。後、小早川隆景の養子となり秀秋と改名。丹波を領したが関白秀次の罪に坐してこれを失う。慶長の役では総大将として渡海。関ヶ原の戦いには、西軍から東軍に転じ徳川軍勝利の因をなし、備後・備中・美作の五十万石を与えられた。慶長7年(1602)歿、21才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こばやかわ‐ひであき〔こばやかは‐〕【小早川秀秋】

[1582~1602]安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の子。幼名、辰之助。通称金吾。秀吉の養子となり、のち、小早川隆景養嗣子慶長の役に総大将として参戦。秀吉の死後、関ヶ原の戦いで東軍に寝返り、功によって備前・備中・美作に50万石を領した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小早川秀秋【こばやかわひであき】

安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の妻北政所(高台院)の兄木下家定の子,木下長嘯子(ちょうしょうし)の弟。通称,金吾(きんご)中納言。初め秀吉の養子,のち小早川隆景の養子となり,筑前(ちくぜん)・筑後を領した。
→関連項目小早川氏関ヶ原の戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小早川秀秋 こばやかわ-ひであき

1582-1602 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)10年生まれ。木下家定の子。高台院の甥(おい)。豊臣秀吉の養子から,秀吉の実子秀頼(ひでより)の出生後に小早川隆景(たかかげ)の養子となる。関ケ原の戦いで西軍に属したが,途中ねがえって東軍勝利の一因をつくり,備前,美作(みまさか)51万石をあたえられた。慶長7年10月18日死去。21歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は辰之助。前名は羽柴秀俊。通称は金吾中納言。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小早川秀秋

没年:慶長7.10.18(1602.12.1)
生年:天正10(1582)
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院(北政所)の兄木下家定の5男。母は杉原七郎左衛門家次の娘。近江国(滋賀県)長浜に生まれる。幼名は辰之助。早くより秀吉の養子として高台院のもとで養育され,羽柴秀俊を名乗る。天正19(1591)年右衛門督となり,唐名により「金吾」と呼ばれた。その後,丹波国亀山に10万石を与えられる。文禄2(1593)年,朝鮮出兵(文禄の役)のため肥前国名護屋に出陣。同年8月,秀吉の側室淀が拾丸(秀頼)を生んだことで小早川隆景の養子となり,同3年11月に備後国三原に赴いた。慶長2(1597)年6月に隆景が死去したのちは秀秋を名乗る。同年,朝鮮再出兵(慶長の役)の際には軍の総大将として渡海し,翌年の蔚山の戦いでは自ら刃を交えて奮戦するが,指導力の欠如など大将らしからぬ行動を秀吉に問われ,急遽帰国を命じられた。その際筑前国その他の所領を没収され越前国北庄に移されるが,秀吉没後の同4年,再び所領を戻された。その前後から徳川家康との関係を深くし,関ケ原の戦(1600)では当初西軍の石田三成方として松尾山に陣を敷いたものの,戦い途中でにわかに東軍方に転じ,家康軍の勝利に貢献した。戦後,その功により西軍の宇喜多秀家の旧領であった備前・美作57万石を与えられ,岡山に入り,秀詮と名を変えて新領地支配に臨むが,支配は安定せず,同7年21歳で夭逝した。なお近年発見された『足守木下家文書』からは,高台院との近しい人間関係が窺える。<参考文献>『小早川家文書』『大阪城天守閣所蔵木下家文書』

(本多博之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こばやかわひであき【小早川秀秋】

1582‐1602(天正10‐慶長7)
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の五男。幼少より秀吉の養子となり秀俊と名のる。1593年(文禄2)小早川隆景の養子となり,やがて筑前・筑後を領す。慶長の役には予備隊の大将として出陣するが,その際の行動が軽挙だとして秀吉の怒りをかい98年(慶長3)越前へ移封される。しかし翌年再び筑前・筑後の領国を与えられた。1600年の関ヶ原の戦では,秀秋の寝返りによって徳川方勝利の因をつくり,宇喜多秀家の旧領備前・美作50万石を領して岡山に居す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こばやかわひであき【小早川秀秋】

1582~1602) 桃山時代の武将。通称、金吾。豊臣秀吉の妻高台院の兄木下家定の子。秀吉の養子、のち小早川隆景の養子。慶長の役の総大将。関ヶ原の戦いでは東軍に通じ、徳川方勝利の一因となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小早川秀秋
こばやかわひであき

[生]天正10(1582)
[没]慶長7(1602).10.18. 岡山
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の5男で,幼名は辰之助。初め秀吉の養子となり,羽柴秀俊と名のって丹波亀山で 10万石を領したが,文禄2 (1593) 年秀頼誕生後,小早川隆景の養子となり秀詮と改名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小早川秀秋
こばやかわひであき
(1582―1602)

安土(あづち)桃山時代の武将。幼名辰之助(たつのすけ)。通称金吾(きんご)。左衛門佐(さえもんのすけ)、権中納言(ごんちゅうなごん)。豊臣(とよとみ)秀吉の正室高台院の兄木下家定の三男として生まれる。秀吉の猶子(ゆうし)となり、丹波亀山(たんばかめやま)10万石を領し、羽柴秀俊(はしばひでとし)と名のる。1594年(文禄3)小早川隆景(たかかげ)の養子に入る。同年11月中国に下向して三原城(広島県三原市)に入り、毛利輝元(もうりてるもと)の従妹(いとこ)を妻とした。翌年家督を嗣(つ)ぎ、隆景から筑前(ちくぜん)1国、筑後(ちくご)の大部分、肥前(ひぜん)2郡33万6000石を譲り受け、隆景は三原に隠居、かわって秀秋は筑前名嶋(なじま)城に移った。97年(慶長2)朝鮮に出陣。釜山浦(ふざんほ)城の守将となり、また蔚山(うるさん)城の救助に活躍し、帰国。その後秀吉の怒りに触れ越前(えちぜん)北庄(きたのしょう)に移封されようとしたが、徳川家康のとりなしで筑前にとどまる。99年秀吉の遺命で復領し、筑前・筑後52万2500石を得る。翌年関ヶ原の戦いで西軍として伊勢(いせ)口を守り、伏見(ふしみ)城を攻めたが、9月の関ヶ原決戦時には東軍に応じた。戦功により家康から備前(びぜん)、美作(みまさか)において50万石を与えられ、岡山城に移り住んだが、慶長(けいちょう)7年21歳の若さで死去した。秀秋には嗣子(しし)がなく、備前・美作は収公され、小早川本宗家は断絶した。[田端泰子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小早川秀秋の言及

【関ヶ原の戦】より

…この動きを察知した西軍は,これを阻止するために15日午前1時ごろ,雨をついて主力を関ヶ原に進出させた。 戦闘は午前7時過ぎから始まったが,この東軍9万余,西軍8万余が東西4km,南北2kmの小盆地で激突した大会戦は,小早川秀秋の裏切りもあって,午後2時ごろ東軍の勝利に終わった。石田三成,小西行長,安国寺恵瓊などはまもなく捕らえられて10月1日京都六条河原で処刑され,毛利輝元,島津義弘らは軍勢をまとめて国に帰った。…

※「小早川秀秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小早川秀秋の関連キーワード池田秀雄前田芳春院豊臣秀頼山岡如軒桑山宗栄織豊時代塙団右衛門桃山時代出目是閑孝蔵主

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小早川秀秋の関連情報