コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長政 あさの ながまさ

9件 の用語解説(浅野長政の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浅野長政

安土・桃山時代の大名。近江生。尾張国安井重継の子、浅野長勝の養嗣子。初名は長吉、のち弥左衛門、弥兵衛。代々織田家に仕え、また豊臣秀吉に従う。五奉行の首座に列した。武将としても戦功を挙げたが、太閤検地の奉行等としても活躍した。関ヶ原の合戦では徳川家康側につく。慶長16年(1611)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさの‐ながまさ【浅野長政】

[1547~1611]安土桃山時代の武将。はじめ織田信長に仕え、のち豊臣秀吉に重用されて甲斐(かい)22万石を領し、五奉行の一人となる。関ヶ原の戦いには徳川方に属した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅野長政【あさのながまさ】

安土桃山時代の武将。父は安井重継。浅野長勝の養子となり,織田信長に仕えた。豊臣秀吉とは相婿(あいむこ)の関係で重用され五奉行の一員となる。1587年若狭小浜(わかさおばま)の城主,1593年甲斐(かい)一国を与えられる。
→関連項目浅野氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長政 あさの-ながまさ

1547-1611 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)16年生まれ。織田信長,豊臣秀吉につかえ,各地を転戦。天正(てんしょう)15年若狭(わかさ)(福井県)小浜城主。豊臣政権下で五奉行の一員。関ケ原の戦いでは徳川方に属し,功により子の幸長(よしなが)に紀伊和歌山37万6500石があたえられ,長政は隠居して慶長11年常陸(ひたち)(茨城県)真壁藩主浅野家初代となった。5万石。慶長16年4月7日死去。65歳。本姓は安井。初名は長吉(ながよし)。
【格言など】戦わずして勝利を得るを,誠の勝利と存ずるなり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅野長政

没年:慶長16.4.7(1611.5.19)
生年:天文16(1547)
戦国・江戸前期の武将。通称は弥兵衛尉,名ははじめ長吉。尾張国春日井郡北野の安井弥兵衛尉重継の長男として生まれたが,母の兄に当たる浅野又右衛門長勝に男子がなかったため,長勝の養女だったややと結婚,浅野家を継いだ。長勝のもうひとりの養女が秀吉の妻となったねねで,秀吉と長政は相婿の間柄となる。はじめ織田信長に仕えたが,まもなく秀吉に仕えるようになり,天正1(1573)年,秀吉が浅井氏滅亡後その遺領を与えられたとき,近江で120石の知行を与えられている。同10年(11,12年説もある)8月,杉原家次と共に京都奉行を命ぜられ,家次が病気になって前田玄以と交代したあと,長政,玄以のふたりが禁裏御領や門跡領などの複雑な問題を処理し,また同年,太閤検地のはじまりとされる山城国検地の奉行も務めており,秀吉の内政面を裏方で支える存在であった。同11年の賤ケ岳の戦後,近江の甲賀・栗太2郡の内に2万300石を与えられ,翌年,近江坂本城と大津城を預けられた。同15年には若狭一国8万石を与えられて小浜城主となり,翌16年には従五位下・弾正少弼に叙任された。文禄の役では,肥前名護屋城の普請を分担し,また軍監として渡海。このとき同じく軍監として渡海していた石田三成と対立し,以後,三成とは不和になった。文禄2(1593)年,甲斐で22万5000石を与えられ,甲斐府中城主となったが,このとき家督相続の意味もこめて子幸長に16万石を与えている。慶長3(1598)年,いわゆる五奉行となったが,徳川家康と囲碁を通して親交があったことなどから増田長盛の讒訴によって甲斐に閉居させられ,関ケ原の戦のときには,子幸長と共に東軍に属した。民政手腕にすぐれ,秀吉時代の播磨の領民や,甲斐の領民からその遺徳を慕われた。また囲碁を特に好み,しばしば共に盤を囲んだ家康は長政没後,囲碁を絶ったと伝えられる。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさのながまさ【浅野長政】

1547‐1611(天文16‐慶長16)
安土桃山時代の武将。初名長吉。弾正少弼。初め安井氏。浅野長勝の養子となり織田信長に仕えて羽柴(豊臣)秀吉に付属され,秀吉の大名化とともに領知を増し,1580年(天正8)播磨揖東郡で4600石,その後しばしば加増,秀吉の政権獲得後の83年には京都の奉行となり近江坂本で2万0300石,そしてこれ以後豊臣氏蔵入地の代官を兼ね,87年若狭一国,93年(文禄2)甲斐一国を領し,宇都宮国綱伊達政宗などを与力とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あさのながまさ【浅野長政】

1547~1611) 安土桃山時代の武将。尾張の人。織田信長・豊臣秀吉に仕える。文禄の役に軍監として朝鮮に渡る。五奉行の一人。関ヶ原の戦いでは徳川方についた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅野長政
あさのながまさ

[生]天文16(1547).尾張
[没]慶長16(1611).4.7. 江戸
安土桃山時代の武将。尾張の安井重継の子。幼名は長吉,のち弥兵衛。浅野長勝の養嗣子となる。初め織田信長に仕え,豊臣秀吉とは相婿の関係にあり信任され豊臣家五奉行の筆頭となる。天正 15 (1587) 年若狭小浜城主。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅野長政
あさのながまさ
(1547―1611)

安土(あづち)桃山時代の武将。初名長吉(ながよし)(1598年8月から1599年閏(うるう)3月の間に長政と改名)、実父安井重継(しげつぐ)、母は浅野長詮(ながあきら)の女(むすめ)という。尾張(おわり)国(愛知県)春日井(かすがい)郡北野で生まれる。織田信長の弓衆浅野長勝の養子。長勝養女で後の豊臣(とよとみ)秀吉夫人杉原(すぎはら)氏ね(俗称ねね)とは義姉弟。信長に仕え、のち秀吉に属し、各地に転戦。また奉行(ぶぎょう)として兵糧、蔵米(くらまい)のことをつかさどり、1582年(天正10)8月、杉原家次とともに京都奉行。1583年近江(おうみ)大津、坂本両城で2万0300石、1587年若狭小浜(わかさおばま)城主。文禄(ぶんろく)の役に軍監として渡海、1593年(文禄2)甲斐(かい)(山梨県)22万石に移封、翌年五奉行の一人となる。関ヶ原の戦いには東軍方に参加。江戸にて没し、高野山悉地院(こうやさんしっちいん)に葬送された。法号は功山道忠伝正院。[奥野高広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浅野長政の言及

【五奉行】より

…1598年(慶長3)7月ごろ豊臣秀吉の死を前にして設置された。前田玄以浅野長政増田(ました)長盛石田三成長束(なづか)正家の五名で構成される。豊臣氏の奉行は政権の樹立以来存在し,初期の奉行には桑原貞也,杉原家次,細井方成,石田三也(成),増田長盛,大谷吉継,伊藤秀盛など多くの人名を挙げることができる。…

※「浅野長政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅野長政の関連キーワード赤沢左兵衛尉半井和年宮崎柳仙木下俊忠木村道全桑名一孝助広(初代)玉水弥兵衛(2代)玉水弥兵衛(4代)辻盛昌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅野長政の関連情報