堀越善重郎(読み)ほりこし ぜんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀越善重郎 ほりこし-ぜんじゅうろう

1863-1936 明治-昭和時代前期の実業家。
文久3年5月3日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)の織物商木村半兵衛にみとめられ,商法講習所(現一橋大)でまなぶ。明治17年渡米して羽二重絹織物の輸出をはかる。帰国後の27年渋沢栄一,益田孝らの後援をえて堀越商会を創立。昭和11年ニューヨークで死去。74歳。下野出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android