コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂島旧記 どうじまきゅうき

世界大百科事典 第2版の解説

どうじまきゅうき【堂島旧記】

江戸時代,諸藩の蔵屋敷が発行する大量の米切手が売買・取引され,1730年(享保15)以後先物投機取引が公許されていた大坂堂島米市場の沿革を,同会所の記録類や当時の旧記・著作等から整理・編集したもので,一名《米商旧記》。編者・成立年とも不詳であるが,記事は1615年(元和1)から1870年(明治3)に及ぶ。堂島米市の成立は元禄期(1688‐1704)とされるが,本書は元和偃武(えんぶ)後の大坂の市街地の整備,市制,享保大火,米市の発生にかかる淀屋の興亡,帳合米取引の公認までの米取引に関する幕府法令等を前史として収録し,以後の堂島米市場の動静を伝える中には,幕府の大坂における米価政策実施の状況をはじめ,直接・間接に米相場にかかわる天災・人災など大坂の重要事項が抄録されており,商都大坂の基本史料であるばかりでなく,幕府を含めた領主財政の解明に有効な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堂島旧記の関連キーワード備前屋権兵衛

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android