堆朱染(め)(読み)ツイシュゾメ

精選版 日本国語大辞典の解説

ついしゅ‐ぞめ【堆朱染】

〘名〙 染模様の一種。地を紅染にし、黒でその上に堆朱の模様を染め出したもの。江戸時代、宝暦(一七五一‐六四)前後に盛んに行なわれた。
※雑俳・ふでりきし(1797)「競馬見にうは気おやまの堆朱染」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android