コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪忍記 かんにんき

1件 の用語解説(堪忍記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんにんき【堪忍記】

仮名草子。8巻8冊。浅井了意作。1659年(万治2)刊。別版に64年(寛文4)刊の京都版,71年刊の江戸版,1701年(元禄14)刊本やその復刻版など数多くある。序に〈百のおこなひの中に,心さしのゆくところ,忍の一字をとりて,これをあらはして,筆にしるす者也〉とあるとおり,堪忍を人間生活の基調をなすものとして,通計25章,各章に数条の和漢古今の逸話あるいは巷説を挙げ,教訓を記したものである。【松田 修

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堪忍記の関連キーワード浅井了意浮世物語御伽婢子仮名草子東海道名所記如儡子狗張子仮名本新語園了意

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone