堪忍記(読み)かんにんき

世界大百科事典 第2版の解説

かんにんき【堪忍記】

仮名草子。8巻8冊。浅井了意作。1659年(万治2)刊。別版に64年(寛文4)刊の京都版,71年刊の江戸版,1701年(元禄14)刊本やその復刻版など数多くある。序に〈百のおこなひの中に,心さしのゆくところ,忍の一字をとりて,これをあらはして,筆にしるす者也〉とあるとおり,堪忍を人間生活の基調をなすものとして,通計25章,各章に数条の和漢古今の逸話あるいは巷説を挙げ,教訓を記したものである。【松田 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android