堪忍(読み)かんにん

精選版 日本国語大辞典「堪忍」の解説

かん‐にん【堪忍】

〘名〙
① 不利な状況にあって堪え忍ぶこと。こらえること。がまんすること。身体的苦痛や苦しい境遇に堪えることをいう。
※中右記‐天仁元年(1108)一二月一一日「今夜北風大吹、飛雪紛々、寒気入骨、不堪忍
※太平記(14C後)一九「将軍、京都には、一日も堪忍(カンニン)し給はじと覚えしを」
② 怒りをこらえて、他人のあやまちを許すこと。勘弁。
※親長卿記別記‐長享三年(1489)六月二九日「守護改押領、依在国之、父子堪忍者也」
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「涯分かんにんしたれ共、此度はこらゆる事がならぬ程に」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「かわいいもかわいらしいもかわいそふだも、同(おんな)じことじゃアありませんかへ。そんなら私(わちき)がわりいから、堪忍(カンニン)しておくんなさいナ」 〔魏書‐李洪之伝〕
③ 扶助料の意の「堪忍分」を受けていること。また、その人。客分。
※康富記‐応永二五年(1418)八月五日「今暁兵衛尉尚盛〈兵衛五郎〉卒去〈略〉。譜代堪忍之者也」
④ やっと生活していること。また、その程度の収入。生活のための費用。最低の生活費。
※大乗院寺社雑事記‐応仁二年(1468)閏一〇月二六日「以反米器物十石分来月可進上〈略〉御家撲等勘忍御用也云々」
⑤ (sahā 「娑婆」の訳語。「苦難に堪え忍ばなければならない世界」の意) この世のこと。〔法華経玄賛‐二本〕

か‐に【堪忍】

〘名〙 「かんにん(堪忍)」の変化した語。
※洒落本・妓娼子(1818‐30)上「あれさ、かにしておくんなんし」

たえ‐しの・ぶ たへ‥【堪忍】

〘他バ五(四)〙
① つらいことをこらえ辛抱する。つらさや苦しさをこらえる。がまんする。
※百座法談(1110)六月五日「忍辱仙としてあまたたへしのび給しも」
② 切実に思う。非常になつかしく思う。
※浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)四「千家の塩竈をたへしのび」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堪忍」の解説

かん‐にん【堪忍】

[名](スル)
怒りを抑えて、人の過ちを許すこと。勘弁。「悪かった、堪忍してくれ」
肉体的な痛みや苦しい境遇などをじっとこらえること。我慢すること。忍耐。
「且(かつ)力を尽し且―して時節を待つ可きなり」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の堪忍の言及

【娑婆】より

…それゆえ,娑婆は正しくは娑婆世界Sahā‐lokadhātuである。一方,これとは別に,堪忍(たんにん),能忍とも,雑会(ぞうえ)とも訳されている。前2者は原語のサハーを〈堪えるsah〉という動詞からつくられた語と解したためであり,後者はサハーとはまったく別の〈集会sabhā〉が原語であると解したためである。…

※「堪忍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android