コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪忍 カンニン

2件 の用語解説(堪忍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐にん【堪忍】

[名](スル)
怒りを抑えて、人の過ちを許すこと。勘弁。「悪かった、堪忍してくれ」
肉体的な痛みや苦しい境遇などをじっとこらえること。我慢すること。忍耐。
「且(かつ)力を尽し且―して時節を待つ可きなり」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんにん【堪忍】

( 名 ) スル
人のあやまちを我慢して許すこと。勘弁。 「ならぬ-するが-」 「どうか-して下さい」
不利な立場や困難な状況を堪え忍ぶこと。 「東西より是を攻めば、将軍京都には一日も-し給はじ/太平記 19
経済力。また、生活費。 「誹諧の点して味噌塩の-を求め暮らしぬれども/浮世草子・好色万金丹」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堪忍の言及

【娑婆】より

…それゆえ,娑婆は正しくは娑婆世界Sahā‐lokadhātuである。一方,これとは別に,堪忍(たんにん),能忍とも,雑会(ぞうえ)とも訳されている。前2者は原語のサハーを〈堪えるsah〉という動詞からつくられた語と解したためであり,後者はサハーとはまったく別の〈集会sabhā〉が原語であると解したためである。…

※「堪忍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堪忍の関連キーワード怒りを遷す隠忍自重癇癪忍び泣き忍び笑い馬鹿になる虫を殺す胸を摩る売抑え虫を抑える

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堪忍の関連情報