コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺真柄 さかいまがら

百科事典マイペディアの解説

堺真柄【さかいまがら】

近藤真柄(こんどうまがら)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかいまがら【堺真柄】

1903‐83(明治36‐昭和58)
社会運動家。堺利彦の長女として東京に生まれる。成女高等女学校卒業。1921年赤瀾会結成に最年少で世話人となり,第2回メーデーに女性として初めて参加。同年11月軍隊赤化事件で検挙される(禁錮4ヵ月)。22年7月日本共産党に入党したが,その後離れ,政治研究会婦人部,無産婦人同盟,社会大衆婦人同盟などで無産婦人運動を続けた。戦後は日本婦人有権者同盟,〈大逆事件の真実を明らかにする会〉などで活動。この間,38年に近藤憲二と結婚し,近藤姓となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

堺真柄の関連キーワード橋浦 はる子近藤 真柄

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android