コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤真柄 こんどう まがら

江戸・東京人物辞典の解説

近藤真柄

1903〜1983(明治36年〜昭和58年)【社会運動家】「婦人は地球上最後の奴隷」その解放を目指して、女性社会主義団体「赤瀾会」を結成。 大正・昭和期の社会運動家。東京都出身。堺利彦の長女。1921年(大正10)に九津見房子、中曽根貞代らと日本で最初の社会主義女性団体赤瀾会(せきらんかい)結成。近藤ら中心メンバーが検挙、会が自然消滅すると、翌年共産党に入党。27年(昭和2)奥むめおらと婦人政治運動促進会を組織、婦人戦線の統一を掲げた。第二次大戦後は日本婦人有権者同盟に入り、70〜72年会長。夫は憲二。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

近藤真柄【こんどうまがら】

婦人運動家。社会主義者堺利彦の長女として東京に生まれる。1920年成女高等女学校卒。翌年日本初の社会主義婦人団体赤瀾(せきらん)会結成に最年少世話人となり,綱領起草,この年のメーデーに女性として初めて参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤真柄 こんどう-まがら

1903-1983 大正-昭和時代の婦人運動家。
明治36年1月30日生まれ。堺利彦の長女。近藤憲二の妻。大正10年日本初の女性社会主義団体赤瀾(せきらん)会の設立に参加。翌年共産党入党。奥むめお,市川房枝らと婦人参政権運動をすすめる。昭和45年日本婦人有権者同盟会長。昭和58年3月18日死去。80歳。東京出身。成女高女卒。著作に「わたしの回想」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近藤真柄の言及

【堺真柄】より

…社会運動家。堺利彦の長女として東京に生まれる。成女高等女学校卒業。1921年赤瀾会結成に最年少で世話人となり,第2回メーデーに女性として初めて参加。同年11月軍隊赤化事件で検挙される(禁錮4ヵ月)。22年7月日本共産党に入党したが,その後離れ,政治研究会婦人部,無産婦人同盟,社会大衆婦人同盟などで無産婦人運動を続けた。戦後は日本婦人有権者同盟,〈大逆事件の真実を明らかにする会〉などで活動。この間,38年に近藤憲二と結婚し,近藤姓となる。…

※「近藤真柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤真柄の関連キーワード九津見 房子近藤 真柄橋浦はる子昭和時代山川菊栄堺 利彦堺為子堺真柄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android