江刺(読み)えさし

日本大百科全書(ニッポニカ)「江刺」の解説

江刺
えさし

岩手県南部、北上川中流の左岸にあった旧市名(江刺市)。現在は奥州(おうしゅう)市の北東部を占める地域。1955年(昭和30)岩谷堂(いわやどう)町と愛宕(おだき)、田原(たわら)、藤里(ふじさと)、伊手(いて)、米里(よねさと)、玉里、梁川(やながわ)、広瀬、稲瀬(いなせ)の9村が合併して江刺町成立。1958年市制施行。2006年(平成18)水沢市(みずさわし)、胆沢郡(いさわぐん)前沢町(まえさわちょう)、胆沢町、衣川村(ころもがわむら)と合併して奥州市となった。東部に北上高地、西部は北上川の沖積低地が広がり、中心部の岩谷堂は人首(ひとかべ)川の谷口集落で、室町時代には江刺氏の居城があった。江戸時代は仙台藩領で、北上川の河港下川原を控え、遠野(とおの)、気仙(けせん)方面との交易市場として栄えた。1890年(明治23)東北本線が約8キロメートル西の水沢を通るに及び、昔日のにぎわいはなくなった。北上川流域の沖積低地は米、野菜、ホップ、リンゴの栽培が盛んで、水稲は江刺金札米として有名。稲瀬には大規模な施設園芸集中管理モデル団地がある。東部の原野は馬産地であったが、近年、乳牛・肉牛飼育、養鶏、タバコ栽培などが行われる。江刺中部工業団地や地場産業の岩谷堂たんすの木工団地、鉄工団地なども造成され緑豊かな田園都市づくりが進められている。

 宮沢賢治の詩碑のある種山(たねやま)高原や、直家(すごや)の旧後藤家住宅(国指定重要文化財)を移築した向山公園などがあり、5月の江刺甚句祭りには鹿踊りなどの郷土芸能でにぎわう。愛宕神社(あたごじんじゃ)の木造兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)立像は国指定重要文化財。特産品に岩谷堂たんすのほか、卵麺(らんめん)、岩谷堂羊かんなどがある。

[川本忠平]

『『江刺市史』全4巻(1974・江刺市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「江刺」の解説

江刺
えさし

岩手県南西部,奥州市北東部の旧市域。北上川中流の東岸にある。 1955年岩谷堂町と愛宕村,田原村,藤里村,伊手村,米里村,玉里村,梁川村,広瀬村,稲瀬村の9村が合体し江刺町となり,1958年市制。 2006年水沢市,前沢町,胆沢町,衣川村と合体して奥州市となった。旧市名の由来は古代からの郡名による。中心市街地の岩谷堂は人首川 (ひとかべがわ) の谷口集落で,明応4 (1495) 年江刺氏の城下町となる。江戸時代には河港の下川原が交通の要地として発展。米と野菜の栽培が行なわれ,水稲は江刺金札米として出荷。畜産も盛ん。伝統的な岩谷堂たんすは特産。東部の種山高原には宮沢賢治の詩碑があり,物見山からの眺望は絶景。藤里の愛宕神社には国の重要文化財の兜跋毘沙門天立像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「江刺」の解説

えさし【江刺】

[一] 岩手県南部、北上川中流左岸の地名。中心の岩谷堂(いわやどう)は伊達氏家臣江刺氏の旧城下町。米、リンゴ、肉牛が特産。昭和三三年(一九五八)市制。
[二] 陸奥国陸中国)の古郡名。衣佐志。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「江刺」の解説

えさし【江刺】

岩手県南部、北上川東岸にあった市。平成18年(2006)2月、水沢市・前沢町・胆沢いさわ町・衣川村と合併して奥州市となる。→奥州

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android