コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔城 とうじょう

百科事典マイペディアの解説

塔城【とうじょう】

中国,新疆ウイグル自治区北西,カザフスタン共和国との国境の都市。旧名タルバガタイ。清朝末期にタルバガタイ庁が置かれ,1913年塔城(チョチエク)県に改められたが,1983年県を廃し市となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょう【塔城 Tǎ chéng】

中央アジアの新疆ウイグル自治区北西部の都市。人口13万(1994)。カザフスタンとの国境に臨む要地で,旧称タルバガタイ(塔爾巴哈台)市,別名チュグチャク(楚呼楚)。民国時代以降,塔城と呼ばれる。清朝時代,露・清間の貿易の要地として重視され,1851年(咸豊1)のイリ通商条約によってロシア人に開放されて以来,ロシア人の新疆における貿易活動の中心地となった。露・清間で64年(同治3)および70年にこの地で結ばれたタルバガタイ条約は,シャビン・ダバガからパミール高原に至る露・清間の国境の大勢を決定したものとして重要。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塔城
とうじょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塔城の関連キーワードシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区タルバガタイ[山脈]イリ(伊犁)自治州ウス(烏蘇)県中ソ国境紛争チョチェク市ダフール族ダウール語サイフジン小笠原長時ターチョンダゴール語ウルムチソロン族

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android