塗膜防水(読み)トマクボウスイ

リフォーム用語集の解説

塗膜防水

建物の防水工事で行われる工法の一つ。ウレタンを原料にしたものやFRPを素材にしたものなどがある。現在は,工法、価格面も含め、ウレタン防水の需要が多い。ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)は、塗料状のウレタンゴム屋上やベランダなどに刷毛、金ゴテ、ゴムべら、吹付機械などで塗って防水層を形成する工法で、基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工される。施工すると2つの成分が化学的に反応して硬化し、シームレスな防水層になる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android