コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基配列決定法 えんきはいれつけっていほう

1件 の用語解説(塩基配列決定法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

塩基配列決定法【えんきはいれつけっていほう】

DNAの塩基配列を決定するための方法の総称。分子生物学欠かせない重要な技術である。塩基配列を決定するためのDNA断片を遺伝子工学的に増殖(クローニング)させて試料として用いるマクサム・ギルバート法サンガー法,ごく微量のDNA試料からでも塩基配列を決定できるPCR法などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

塩基配列決定法の関連キーワードアンチコドン遺伝暗号遺伝コード反復配列DNA指紋品種鑑定ケノミックス制限エンドヌクレアーゼ相補的RNA制限酵素 (restriction enzyme )

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone