コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩手米 しおてまい

世界大百科事典 第2版の解説

しおてまい【塩手米】

金沢藩が1627‐1871年(寛永4‐明治4)の間,塩師(しおじ)(塩生産者)に貸与した米。翌年の生産予定量に対し年末に半分,翌2,4月に残り半分を貸し出し,生産塩をもって返済させた。塩替(しおがえ)(塩と米との交換比率)は米1石に塩9.5~12俵であった。塩師の生産と生活はこの米によってまかなわれた。生産が予定量を超えると追塩手米を貸し出した。塩の藩営専売はこの塩手米と貸釜制度を軸とした。また塩手米仕法は藩の貢租米の市場としての意味もあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塩手米の関連キーワード塩専売制度前田利常藩専売制金沢藩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android