コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩田法 エンデンホウ

デジタル大辞泉の解説

えんでん‐ほう〔‐ハフ〕【塩田法】

塩田による製塩法。揚げ浜式・入り浜式・流下式が行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんでんほう【塩田法】

塩田に海水を導き、天日で水分を蒸発させて濃縮し、鹹水かんすいを得る方法。これをさらに釜で煮つめて食塩をつくる。瀬戸内海沿岸などで行われたが、イオン交換法の発達以来、全くすたれた。 → 天日塩てんぴじお

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報