コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)浜 イリハマ

デジタル大辞泉の解説

いり‐はま【入(り)浜】

塩田の一。満潮面よりも低い海岸に海水を流入させて製塩する法。江戸初期から瀬戸内海で発達。⇔揚げ浜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の入(り)浜の言及

【塩田】より

…ただし(17)も通常流下式塩田という。塩田は基本的には揚浜系と入浜系に分けられる。揚浜とは満潮位より高位の地盤に海水をくみ揚げて操作する様式,入浜とは干満中間位に地盤を造成し,満潮を塩田内の海水プールに引き入れて操作する様式のものである。…

※「入(り)浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入(り)浜の関連キーワード吉田(愛知県西尾市)うたづ塩キャラメル塩田(えんでん)枝条架式濃縮装置砂層貫流式塩田十州塩田同盟佐藤三右衛門長谷部九兵衛揚浜式塩田竹原[市]入浜式塩田アクセス権うたづ塩飴流下式塩田高崎裕士竹原塩田浅野長直撫養塩田浅野長矩本庄重政