コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚(げ)浜 アゲハマ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐はま【揚(げ)浜】

海水をくみ上げ、日光や風で水分を蒸発させて塩をとる塩田。揚げ浜式塩田。⇔入り浜
上げ石」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の揚(げ)浜の言及

【塩田】より

…ただし(17)も通常流下式塩田という。塩田は基本的には揚浜系と入浜系に分けられる。揚浜とは満潮位より高位の地盤に海水をくみ揚げて操作する様式,入浜とは干満中間位に地盤を造成し,満潮を塩田内の海水プールに引き入れて操作する様式のものである。…

※「揚(げ)浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

揚(げ)浜の関連キーワード塩田(えんでん)曾々木海岸角花菊太郎流下式塩田珠洲(市)塩(しお)曽々木海岸上島(町)入浜式塩田浅野長直仁江海岸藩専売制弓削島珠洲市製塩塩田浜子弓削外浦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android