コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩田順庵 しおだ じゅんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩田順庵 しおだ-じゅんあん

1805-1871 江戸後期-明治時代の医師。
文化2年生まれ。増島蘭園儒学をまなび,幕府の外班直医となる。ペリー来航後,海防を研究し「海防彙議(いぎ)」を編集する。安政3年(1856)幕命により箱館にわたり,箱館医学所や学校をひらく。文久2年江戸にかえり,幕府の医学教諭となった。明治4年2月7日死去。67歳。加賀(石川県)出身。本姓は宮河。名は泰。号は松園。著作に「蝦夷(えぞ)の枝折」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩田順庵の関連キーワード村山拙軒塩田三郎明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android