コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝折(り)/栞 シオリ

デジタル大辞泉の解説

しおり〔しをり〕【枝折(り)/×栞】

紙・布・革などで作り、書物の間に挟んで目印とするもの。
簡単な手引書。案内書。「修学旅行の―」
山道などで、木の枝などを折って道しるべとすること。また、そのもの。
「吉野山去年(こぞ)の―の道変へてまだ見ぬ方の花をたづねむ」〈新古今・春上〉
[補説]書名別項。→

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

枝折(り)/栞の関連キーワード名数/ものの数え方の例(助数詞)浮かれ立つ・浮れ立つ越後三山只見国定公園枝折り・栞・枝折高井立志(2代)駒ヶ岳(新潟県)茶道/茶事用語オオヨコバイ植え物・植物露地・路地横山 蜃楼真鍋 豊平姥捨山伝説石塚資元越後三山千葉竜卜越後山脈塩田順庵瀬川昌坢あいの風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android