コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増島蘭園 ますじま らんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増島蘭園 ますじま-らんえん

1769-1839 江戸時代後期の儒者。
明和6年10月13日生まれ。幕府書物奉行増島澧水(れいすい)の長男。昌平黌(しょうへいこう)教授から幕府儒官となる。本草学にも精通した。天保(てんぽう)10年9月4日死去。71歳。名は固。字(あざな)は孟鞏。通称は金之丞。別号に蘭畹,不俗庵主人。著作に「読左筆記」「菌史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

増島蘭園 (ますじまらんえん)

生年月日:1769年10月13日
江戸時代中期;後期の漢学者
1839年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

増島蘭園の関連キーワード新井雨窓斎藤竹堂勝村蠖斎生年月日塩田順庵斎藤守敬国分元杏後期儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android